FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Lohengrin06(仮)
2008-06-13 Fri 02:32
テストアップ。

※HTMLタグ使用試験中です。中身は未完成のままなのでご了承ください。
 内容は予告なく変更する場合があります。
 この物語はフィクションです。

南西ブロックで菫達が「きよしこの夜」の歌声を聞いていたときとほぼ同時刻の東南ブロックにて。


「――――――」
「………………」

 集中すると無口になる、というのは大抵の人に当てはまるだろう。この二人も例に漏れず、一言も口に出さずに黙々と敵を()って行く。
 腐りかけた傀儡の鈍い攻撃行動を、風に舞う木の葉を相手にするようにいともたやすく避け、あるいは得物で受け止め、もしくはこちらの攻撃で圧倒する。百数十年続いた戦闘職の家系の末裔である彼らにとって、人の屍骸を使った操り人形との戦闘など虫けらを相手にしているようなものだった。

「――――――」
「…翔一さん。口、開いてますよ」
「あぁ、道理で喉が渇くと思った」

 久々に口を利いたかと思えばこのようなくだらない会話である。
 戦闘という激しい有酸素運動をしていれば、意識しなくとも自ずと消費量の多くなった酸素をより多く取り込むために口で呼吸する。これは知性を持っているいないにかかわらず、肺で呼吸する動物ならほとんど全てに当てはまる現象だ。しかし、右手が柄の下側で左手がその上、所謂野球の左バッターの握りで剣を振るう翔一は息切れ一つしていない。つまるところ、彼にとってこれは戦闘とは呼べない低次元な運動、いわば児戯にも等しいということだった。

「しかし、複製品(レプリカ)とは言えコイツの切れ味と使いやすさと言ったら、そこらの剣なんか足元にも及ばないな」

 彼が両手で振るうのは黄金に輝く一振りの剣。もはやその名を知らない者などいないであろう、伝説のブリテン王アーサーが手にしていた聖剣・エクスカリバー――――の、精巧な模造品だ。
 その剣は、彼らの住まい兼アジトのレストランフロアに飾られていたもの。家族が店の家主だったセルフィーユの親が生まれる前から既にあったと言われていることから、相当の年代物であることが分かる。しかし、エクスカリバーの複製――翔一は「レプリカリバー」と呼んでいるが――は、錆びや刃こぼれもなく、まるで新品同様の美しさを誇り、地味な店の内装の中で一際目立っていた。

「それって、ずっとうちに飾ってあったものですよね。…ひょっとしたら本物だったりして」
「はは、そんな馬鹿な」

 口先だけで笑い飛ばす。
 だが、ひょっとしたらひょっとするんじゃないか―――なんて事を考えていた翔一は、おもむろに得物に魔力を通しはじめた。
 仮に何の変哲もない剣だったとしても、アンティーク的な価値はそれなりにあるだろうし、実際に振るってみてもとても扱いやすいものだった。偽物なら偽物で使えなくなるまで使えば良し。本物なら… それはそれで儲けものだ。

複製された(レプリ)――――」

 両腕を介して魔力を籠められた剣を左肩に担ぎ上げ、真名の開放と共に敵の群れへ向かい振り下ろす。
 その振り下ろそうとした瞬間、本当にほんの一瞬だけ、切っ先から光が放たれたように見えたのは月明かりが反射したせいだろうと、傍らで見ていたセルフィーユは思った。

勝利の剣(カリバー)ーッ!!」

 果たして――――

「…なんつって、な」

 しかし うまくきまらなかった!

 元より期待はしていなかったとは言え、外れるとどことなく寂しいものである。男は諦めが肝心と言わんばかりに剣を鞘に納めようとしたその時、その柄が高熱を発し、翔一は思わず手を放してしまった。

「うおー、熱っちい!」

 複製剣は地面に垂直に突き刺さり、じゅうと音を立てて土を焦がした。

「…何だ、魔力伝導法ミスったかな?」

 持ち主は、高熱の原因を自らの力量不足と最初は思った。魔力と言うものは、いわば生命力や神秘性といった曖昧で非科学的な力をエネルギーに変換したものだ。扱いを誤れば大きな事故に繋がりかねない危険性も孕んでいることは言うまでもない。今回のように熱エネルギー化して暴走を起こすのはその主たる例なのだが―――原因は全く別であると看破できる者は居合わせてはなかった。


Lohengrin06 「屍の召喚者(サモナー)
別窓 | 小説「Lohengrin」 | コメント:3 | top↑
<<なんだこのめんどくさい機能 | チラシの裏 2枚目-chirashi no ura ver.2- | 例の事件>>
この記事のコメント
うーん。ルビが潰れてて読みづらいこと極まりない。
かと言って全体のフォントサイズ上げるとなんか気持ち悪いし…
カッコ書きの方がいいかしら。そこんとこどう思いますか。
2008-06-13 Fri 02:52 | URL | shoyama #dfdn2D6U[ 内容変更] | top↑
久々の新章ktkr……と思ったらOPだけかッ!
期待して完成待ってるぜ……!

管理者メニューからテンプレート管理→編集→CSS編集で
適当な位置に rt { font-size: 任意pt; } を追加
ルビの大きさならこれで数値変えつつ様子を見るといいさー!
サイトのcssでは漢字やアルファベットも読めるように7ptにしてるけど……こっちだと基本フォント小さいからバランス難しいだろーね、うん
2008-06-13 Fri 04:43 | URL | まるくん #mXeqYRWU[ 内容変更] | top↑
レス来るの早過ぎw

アドバイスthx!
バンデラとラタトスク発売までには完成稿を上げる予定だからこうご期待。
2008-06-13 Fri 14:31 | URL | shoyama #dfdn2D6U[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| チラシの裏 2枚目-chirashi no ura ver.2- |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。